.

破産の申告を実行しても公的な機関などから家族に直接連絡がいくということは考えにくいと言えます。ケセラセラ

ですから、家族や親類に気付かれてしまい破産の申立てができる可能性もあります。便秘解消に効果がある飲み物!とにかく即効で出したい方にはこれ!

しかし実際のところ、自己破産申請を申立てる際に裁判所などから同一住居に住む家族の収入を記載した証書や金融機関の通帳の複写物などの証明資料の提供を有無をいわさず求められることがありますし借入先から家族へ連絡がいくといったこともままありますので家族や親族に事実が知れ渡らないように自己破産の手続きができるという100%の保証は望むべきではないと考えられます。任意整理のデメリット

不自然に秘密にして後になってから秘密がばれてしまうよりかは、はじめから誠実に打ち明けて家庭の方々全員が一丸となって破産の申告を試みる方が望ましいでしょう。ボニック

なお、一緒に住んでいない家族であれば自己破産手続きを行ったことがばれてしまうなどといったことはまず考えなくて良いといえます。サントリー黒酢にんにく

夫/妻の返済義務を消失させることを念頭に離婚届の提出を考える早まった夫婦もいらっしゃるとのことですが、まず、夫婦であっても原則的には当人が保証人にならないということであれば民法の上では強制力はないのです。ビッチが田舎にやってきた 3話 ネタバレ

ただ、(連帯)保証の名義人になっているケースならば離婚を行っても保証人という身分としての責任は残ってしまいますため支払い義務があると思われます。

故に、別れることを行うだけで借金の法的な支払義務が消失するというようなことはあり得ないのです。

あるいはしばしば債権者が債務者の家族に督促を行ってしまうといったことがありますが保証人又は連帯保証人でないということであれば親と子供の間・妹と姉という類いの家族や親族間の負債だとしても本人以外の家族に法律の上では法的な支払い義務はまずないのです。

実は、債権をもつ取引先が法的な支払い義務のない親族を対象に督促を行うのは貸金業の規制法を実施する上での政府機関の運営規則内で固く禁じられているため、支払の請求の方法によりますが貸金業の規制法の催促の取り決めに反することにもなり得ます。

従って、法的な支払義務が存在しないにも拘らず借り手の家族や親族が取立てを不当に受けてしまったというならば、債権者に対し取立てを直ちにやめるよう警告を発する内容証明を送るのがよいでしょう。

人によっては、債務をもつ人当人の事が見てられないからということで借りた本人を除く親族が負債を代理となって返済してしまうようなこともありますが、債務を負った本人が恵まれた境遇に甘えてしまいいつまでたっても多額の借金を繰り返してしまうことがよくあるのです。

という訳ですから本人の立場において考慮すれば借りた本人自助努力によって借金を返させていくかそのようなことが非現実的であれば自己破産の申立を行わせる方が本人の今後の生活を考える上では良いと思われるのです。