.

契約店舗でどれもの契約カードが使用可能なわけではありません。

◆クレカ会社の加入店舗は一般的に、複数のカードのブランドに入っていますが、残念ながら契約店で全てのサービスの使用可能なわけでもありません。

例をあげていうと昔ながらの店舗の場合だとJCBの印の付いているそのクレジットカードしか決済不可な状況もあるし近頃の加盟店の場合ビザやMasterCardといった名前の書いたカードしか決済できないときもあります。

ダイナースカードみたいなカード会社だったらもっと使えないショップが多いでしょう。

何のロゴの所有クレカが使えるかいかにして判断したらいいのか?「それじゃいかなる方法でどのブランドのクレジットカードが決済可能かというのを見分けるといいんだろう?」といっても確実に理解するためには該当店の人に問い合わせてみるしかないていうのが正直ながらその答えです。

とはいっても多くの商店や料亭には加入店の目につきやすいところに決済できるクレカの案内がプリントされた認証ステッカーが掲載されている理由から、「なるほど、あのお店ではJCBが使えるんだ」ということが困らないようになっているし記憶にとどめておいていただけるとよいと思います。

正確に確認が出来ていない店舗の場合には、マークが掲載されているのに「うちではお客様のカードは決済いただけません」といったような答えをもらう場合もあるので頭が真っ白になってしまうことだけは避けたいところです。

できる限り全ての加入店でカードが使用できるようにする目的で異種のロゴ(海外印)がプリントされている一般的なマスターカードというようなクレジットカードを2枚以上は携帯するようにするようお勧めします。

(例として:ライフカードを契約しているならもう一方はアメリカンエキスプレスカード付属のカードを携帯するようにするとする等)。

もっぱら国内では、VISAカード、MasterCard、JCBの3つのロゴが入っているクレジットカードを常時使っていれば、間違いなく日本各地の契約店でどれかしらのクレカを差し出すようスタンバイOKということになります。

カードを契約して効率的にポイント取得を続けていくにはできる限り早めにそれぞれのクレジットカードを所有しておいて損はないと思います。